Digital marketing course

デジタルマーケティング講座

HOME | セミナー | デジタルマーケティング講座

Withコロナ時代のデジタルマーケティング講座

~日本型オムニチャネルの展開とその実践~

新型コロナウイルスの感染拡大によって私たちの生活が大きく変わりました。外出自粛によるライフスタイルの変化、在宅ワークやリモートワークによる働き方の多様化など、まさに「新しい日常」「新しい生活様式」がスタンダードになってきました。何といっても大きな変化は、ありとあらゆるものがオンラインに置き換わったことではないでしょうか。
また、外出自粛に店舗の休業が加わり、巣ごもり需要でネット通販の利用が急拡大しました。もはやネット通販の取り組みができない企業は取り残されていくといっても過言ではありません。しかしながら単純にネット化すれば物が売れるわけではありません。「顧客のかゆいところに手が届く価値提供」、これがデジタルシフトが進む中での差別化要因となります。
IDR では 2010 年から「IDR デジタルマーケティング講座(旧:インターネットマーケティング基礎講座)」を開催してまいりましたが、第 11 期となる今期は「With コロナ時代のデジタルマーケティング」にテーマを絞り込んで、オンラインセミナーを開催いたします。

開 催 概 要

  • 2020 年 12 月~2021 年 2月で全 8 回(1 回 90 分)
  • 定員 50 名
  • Zoom によるオンラインセミナーとなります。
  • 事前質問の受付や講演後の質疑応答などによる双方向セミナーです。

 

参 加 費

  • IDR会員企業 : お一人10万円、2名の場合お一人 8万円、3 名以の場合上お一人6万円
  • 非 会 員 企 業 : お一人15万円、2名の場合お一人12万円、3名以上の場合お一人9万円
  •                                     (消費税別)
  • お申し込みいただきましたら請求書をご送付いたします。 

Withコロナ時代のデジタルマーケティング講座 カリキュラム

12 月 11 日(金) 14:00~15:30


加速化する DX(デジタルトランスフォーメーション)への対応
 ~デジタルシフト成功の具体的戦略~
 
日本オムニチャネル協会 会長
㈱デジタルシフトウェーブ 代表取締役  鈴木 康弘

12 月 18 日(金) 14:00~15:30


日本型のオムニチャネルの基本戦略
 ~With コロナ時代を生き抜く新しいルール~

 

㈱CATラボ 代表取締役
オムニチャネルコンサルタント  逸見 光次郎

1 月 15 日(金) 14:00~15:30


メーカーが行うべきマーケティング業務のデジタル化
 ~データ分析と業務プロセスの改革~

 

アビームコンサルティング㈱ 顧問
事業構想大学院大学 客員教授  本 間 充

1 月 22 日(金) 14:00~15:30


お客様の心をつかむ心理ロイヤルマーケティング
 ~「心 の満 足 」と「頭 の満 足 」を測 り、科 学 的 にロイヤルティを高 める手 法 ~

 

IS ラボ(Insight Scope Laboratory)
代表  渡部 弘毅

1 月 29 日(金) 14:00~15:30


熱狂的なファンが企業を支える
 ~アンバサダープログラムのススメ―ファンやアンバサダーを重視したアプローチ~

 

アジャイルメディア・ネットワーク㈱
マーケティング部 部長 エバンジェリスト  出口 潤

2 月 5 日(金) 14:00~15:30


メガネスーパーのCRM戦略
 〜顧客との積極的なコミュニケーション施策〜

    

㈱ビジョナリーホールディングス
マーケティング事業部 マネージングディレクター 宮森 修仁

2 月 19 日(金) 14:00~15:30


新しい売り方や新たなコミュニケーション市場の創造
 ~D2Cで築き上げる顧客との信頼関係―LTVの向上~

 

㈱FABRIC TOKYO
取締役経営・財務戦略担当  三嶋 憲一郎

2 月 26 日(金) 14:00~15:30


オンラインを通じた体験価値の提供
 ~BEAMSが描く理想の顧客体験とは?―オムニチャネル実現のために始めたスタッフの“メディア化”とその成果~ 

    

㈱ビームス 執行役員事業企画本部
コミュニティデザイン部 部長  矢嶋 正明
  都合により変更となる場合がございます。 

お申込み・お問合せ

 
 
主催:一般社団法人流通問題研究協会(IDR) 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館402 TEL: 03-3436-1686
協力:日本オムニチャネル協会
後援:株式会社プラネット